不動産投資でマンション経営をするためのリスク

現実的に運用した時に生じる問題を事前に調べずに始めて後悔する人も続出

勧められるがままの不動産投資はリスクの塊

リスクの高いマンション運営は早めに見限る事が大事

預金を1,000万持っている場合より、1,000万のマンションを持っていればインフレ時でも資産価値が変わらないという点ではお得感があります。高所得者でなく、貯蓄の少ないサラリーマンでも低予算でローンが組めるという利点からマンション投資に興味を持つ人が増えていますが、そこに隠れた落とし穴が…。

不労所得を得るために始めたマンション経営。けれど入居者からの家賃収入は多くてもせいぜい十数万円程度。
収入を得るどころかローン返済で全てが終わってしまうことはよくあるケースです。それも入居者ありきでの話で、場合によっては家賃滞納で夜逃げされるというケースも存在します・・・。

節税が出来る!という話だけ聞いて、今払っている税金の額が少なくなるから得!と考えるのは大きな間違いです。当然ながら確定申告ありきの節税であり、節税目的にマンション経営をするのであれば経営自体は赤字を出さなければいけないという、やや面倒な仕組みになっています。
また、資産を持つことによって固定資産税等、別に支払わなければいけない税金も発生します。

「マンション経営なら毎月利益も入ります!」
「財産として残るから、持っていて損はない!」
「少ない自己資金、頭金0円で始められるからサラリーマンや公務員なら簡単に始められる!」
「家賃収入を個人年金に!」

このような甘い文句に誘われて、マンション経営を始めてみたものの、一向に入居者が現れない…。
結果、毎月使われない、収益の発生しないマンションのローンを払い続けるだけ。
人が使っていないマンションは劣化するもの。利益を生んでいないのに修繕費が!
マンションの状態が悪くなれば、当然ながら借りたいという人はいなくなり
結果、リフォームや修繕をしなければいけない悪循環…。

空室の増加による毎月の家賃収入の減少は、ローン支払いにも影響します。
副業で始めたはずのマンション経営が、本業で稼いだお金を当てながら
ローン返済しなければならない!なんてケースも。
不労所得を夢見て投資したマンションなのに、毎月の支払いに苦労した挙句、
手放そうと思った頃には購入前に建てた目算金額よりだいぶ安く査定されてしまった…。
そんなリスクも人口減少のこの時代なら現実的に考えられます。

「月収入が思ったより少ない…!!!」

「稼ぐための投資のつもりが、逆に支払が苦しくなった…」

マンション投資のメリットは、誰でも受けられるものばかりではありません!
自分に合っているかどうか確認しないと、損します!

マンション経営自体が悪いというわけではありません。
ただ、投資を勧める業者が掲げるようなメリットが
実際に恩恵として受けられる場合もあれば、そうでない場合もあるのです。
では、どうすればリスクを抑えた不動産投資が出来るのか?

マンション経営等は、結局のところは購入後に継続的に入居者をいれ、
家賃を回収し続けることによって不労所得を得る投資ですが、
その大前提である入居者探しでつまづいてしまった場合、使われていない物件の
ローンを払い続けるだけになってしまうという何とも本末転倒なお話…。

このようにマンション経営は成功すればそれなりの利益を得ることが出来ます。
しかし投資業者が進めるような不動産投資は現実には難しいものです。
このような投資業者から言われるがままにマンション経営を始めてしまった方は、
不動産売却で利益を作る事が、今のマンション経営の負の連鎖から脱却する
一番の方法ではないでしょうか。
マンション経営の夢を見て購入した思い入れのある不動産を資産を食いつぶすお荷物にしないためにも、
どうか売却価値があるうちに不動産を査定・売却をして、
利益を生み出して行くものへと変えていただきたいものです。